NOTE

  1. HOME
  2. NOTE
  3. 結婚式・披露宴
  4. どんな人が適してる?結婚式の披露宴や二次会の受付をお願いする人選びのコツ

どんな人が適してる?結婚式の披露宴や二次会の受付をお願いする人選びのコツ

結婚式の披露宴や二次会での受付は、招待客が最初に訪れる場所ですから、受付で第一印象が左右されやすいものです。幸せいっぱいの結婚式だからこそ、トラブルは避けたいですよね。それでは、受付をお願いするなら、どんな点に注意をしながら人選をしたらいいのでしょうか。今回は、結婚式の披露宴や二次会の受付をお願いする人選びのコツをご紹介します。

はじめに

結婚式をすることが決まったら、場所や日程などを具体的に決める段階に進みます。

この時、披露宴や二次会の受付を誰に頼むかということも決める必要があります。

結婚式の披露宴や二次会などの招待状を送付するのに適しているタイミングは、開催日の2~3ヵ月前と言われています。

しかし、受付をお願いする場合には、相手が参加できるかどうかだけではなく、受付を引き受けてもいいかどうかという相手の意思も関わるため、招待状をゲストに一斉に送るより前に受付をお願いする形がベターです。

そのため、受付をお願いする人を誰にするかということも、結婚式をすることが決まったら早めに決めておいた方がいいと言えます。

ゲストにも明るく楽しい気分で過ごしてもらいたいなら、接客に慣れている人、明るい人などを受付に選ぶといいように感じるかもしれません。

ただ、受付は人への接し方だけで選んでしまうと後からトラブルが起こってしまうこともあるため、しっかりと注意する必要があります。

遠方在住の人・目上の人は絶対NG!

まず、遠方から会場に来てもらう人と目上の人に受付をお願いするのはNGです。

遠方から会場に来る人の場合、一般のゲストよりも早く出発をしなければいけませんし、場合によっては前日に会場近くまで来て前泊をしなければいけないこともあります。

遠方から会場に来てもらう人は、ただでさえ参列するために負担が大きいのです。

それに加えて受付をお願いすると、会場に到着しなければいけない時間が一般のゲストよりも早くなるので、出発時間を早めたり、本来なら前泊しなくても参列に間に合わせることができる人でも前泊が必要になったりと、お願いする人への負担が更に大きくなってしまいます。

遠方から来る場合、交通の乱れなどによって到着が遅れる可能性もあるので、もしもそうなった時には結婚式の披露宴や二次会のスケジュールに影響が出ることもあります。

そのため、相手のことを思い遣るという点からもトラブルを避けるという点からも、遠方在住の人に受付をお願いするのはNGと言えます。

また、先輩や上司など目上の人に受付をお願いすることもNGです。

受付はゲストへの挨拶、ご祝儀の受け取りや管理、会場内でのゲストの案内など様々な雑務をこなさなければいけません。

目上の人に受付をお願いするのはNGと言えます。

お金を扱う立場だからこそ、信頼できる人を選ぼう

結婚式の披露宴や二次会の会場に到着したゲストは、まず受付に行きます。

受付では名前の記入だけでなく、ご祝儀や会費などのお金のやり取りもあります。

受付の仕事には、ゲストから受け取ったご祝儀や会費の管理も含まれています。

お金の管理も任せる以上、信頼できる友達や同僚、親戚などにお願いするようにしましょう。

お金はトラブルの原因になりやすいものです。

人への接し方という点で受付に向いているような相手でも、お金にルーズだったり、責任感を持って行動しなかったりする人だと、金銭トラブルが起こりやすくなってしまいます。

また、受付の仕事がルーズに行われていると、後から新郎新婦がご祝儀や参列のお礼をする際のトラブルの原因になることもあります。

後味の悪い結婚式にしないためにも、受付をお願いする相手には信頼できる人を選ぶようにしましょう。

スケジュールに影響が出ることも…受付には時間を守れる人を選ぼう

結婚式の受付には、親しい友達や同僚にお願いするケースが多いです。

普段から関わることの多い相手にお願いするときには、相手がどんな人柄なのかを知っている上でお願いできます。

親しい相手なら新郎新婦側の心持ちとしても相手にお願いしやすいでしょう。

しかし、人当たりがいい人、責任を持ってお金を扱ってくれる人であっても、時間を守れるかどうかという点もチェックして受付をお願いするかどうかを決めましょう。

結婚式の披露宴や二次会は、会場を借りて行うものです。

そして、決められた時間内でスピーチや余興などが行われます。

時間ごとに進行予定のある結婚式の披露宴や二次会で、受付をお願いした人が遅刻をしたらどうなるでしょうか。

もしも受付をお願いした相手が大幅に遅刻をしたら、全体のスケジュールに影響が出てしまいます。

そうなってしまうと、新郎新婦だけでなく、一般のゲストにも迷惑がかかってしまいます。

受付をお願いする相手には、時間を守れる人を選ぶようにしましょう。

おわりに

受付は、結婚式の披露宴や二次会に訪れたゲストが最初に接する相手です。

また、受付はゲストを出迎えるだけでなく、お金の管理やゲストの案内などいくつもの仕事をしなければいけません。

ですから、仲がいい相手だからという理由だけで選ぶのは避け、お金の管理を任せられるような信頼できる人であり、時間をしっかり守れる人を選ぶようにしましょう。

ただし、受付は一般のゲストよりも早く会場に入らなければいけませんし、こなさなければいけない仕事がありますから、遠方在住の人や目上の人にお願いするのは避けましょう。