NOTE

  1. HOME
  2. NOTE
  3. 結婚式・披露宴
  4. 友達の結婚式で二次会の受付をお願いされた!当日までの流れをご説明

友達の結婚式で二次会の受付をお願いされた!当日までの流れをご説明

結婚式の二次会の受付をお願いされた!二次会といえど、おめでたい素敵な場での受付となりますので、来てもらうゲストが嫌な思いをしないよう、マナーはしっかりと守らなくてはなりません。何をしたらいいのか準備段階から当日までの流れをご説明します。

二次会の受付とは

二次会の受付は、新郎新婦の友人を招いて挙式よりもカジュアルな雰囲気でお二人をお祝いする場での受付をすることになります。結婚式の受付よりもフランクな感じで行えるので、気負わずに行うことが出来る仕事です。

受付をお願いされた後の流れ

二次会の受付係となると、新郎新婦と親密な仲の友人にお願いすることが多いです。受付係をお願いされたときは、特別な日の顔を頼まれたと思い、快く承諾してあげましょう。

打ち合わせで確認すべきこと

受付係をお願いされた後は、まずは新郎新婦のお二人と二次会幹事の方に『いつ・どこで・だれと・いくら』なのかを確認することが必要となります。

二次会の内容については、幹事の方が考えてくれているのでお任せしましょう。

ただ、いつまで受付に立っていたらいいか把握するために、流れについては知っていてもいいかもしれません。

新郎新婦に用意してもらうもの

受付内容の確認の際に新郎新婦のお二人に用意してもらいたいアイテムを紹介します。

  • 出席者リスト
  • 会場の見取り図
  • おつり(1000円札×30枚程度)

当日のゲストの出席者リストを作成してもらい、当日の出席確認に使いましょう。

また、会場の見取り図もあると、ゲストに待ってもらう場所や、お手洗いの場所、荷物を置く場所などを把握でき受付時に説明できますので、ぜひもらっておきたいアイテムとなります。

おつりに関しては会費によっては必要な金額が変わってくるかとは思いますが、1,000円札×30枚ほどあれば、おつりとして回せる数になるかと思います。

7,500円会費の場合には500円玉も必要になりますので、金額に応じて用意してもらいましょう。

当日の流れ

二次会会場に行くタイミング

二次会会場に到着する時間ですが、30分前には到着するのが好ましいとされます。

二次会の受付係をお願いされる場合、ほとんどの方が結婚式も参列していることが多いです。

披露宴の終了時刻にもよりますが、時間が押してない限りは、二次会が始まる30分前には二次会会場に到着していることが好ましいでしょう。

会場の場所に不安がある方は、二次会幹事の方と一緒に会場入りするのも一つの手です。

早く行き過ぎても、お店の準備の時間や幹事が到着していない場合もあるので注意してください。

到着した後は、受付の装飾・会場の導線の確認をして、ゲストを迎える準備を行います。

二次会の受付の服装

当日受付係となったからには、ゲストの方たちに恥ずかしくないような服装で行かなくてはなりません。

披露宴から参加する場合は、そのままの服装で受付をすることになると思いますので、特に心配することはないかとは思います。

ですが、あくまでも主役は新郎新婦のお二人ですので、白い洋装で行くといった結婚式のゲストの服装としてタブーな恰好で行くことはやめましょう。

最近人気のパンツスタイルもおすすめです。

会費を受け取ったり、場所を案内したりと動くことが多い二次会の受付は、動きやすい恰好が適しています。

「出来る女性」を彷彿とさせるスタイルは、受付として好印象を与えやすくなりますよ。

当日の持ち物

受付係として必要な持ち物は、上で述べた名簿・見取り図、おつりはもちろんですが、当日使用する筆記用具があると便利です。

ペンはもちろんですが、ラインマーカーがあると、出席されたゲストの名前を分かりやすく色分け出来るのであるとおすすめです。

また、用紙を張り付けたりすることもあるため、テープなどもあるといいでしょう。

こちらのアイテムは、幹事の方か新郎新婦のお二人に事前に用意してもらうのもいいですが、筆記用具に関してはご自身で念のため持って行ってもいいかもしれません。

受付の終わり方

受付終了のタイミング

全てのゲストが予定開始時刻に集まることはそうありません。

ですので、二次会が始まり30分ほど経ったころ、8割程のゲストが集まっていた場合は、一度受付を終了しても大丈夫か幹事の人に確認しましょう。

大抵幹事の方から声をかけてくれるのですが、当日ばたばたしてしまっていると、うっかり周りが見えなくなってしまっていることもあるので、自分から声をかけることも大切です。

来ていないゲストへの対応

まだ来ていないゲストの方には、同じグループの友人の方が遅れる、もしくは欠席する旨を受付時に教えてくれることがほとんどですが、連絡がなかった場合は、そのグループ、もしくは新郎・新婦のお二人に確認する必要があります。

無理に集金する必要はありませんので、出席の有無だけでも把握しておきましょう。

受付終了後の仕事

受付終了した後は、集めた会費を会場の金庫に保管するか、幹事の方に渡すか確認してください。来てないゲストがいた場合は、すぐに対応が出来るように受付の近くで参加することをおすすめします。せっかくの二次会ですから、ご自身もしっかり楽しめるといいですね。

まとめ

大切なご友人の結婚式の二次会で受付をお願いされることは、とても素敵なことです。

たくさんのゲストをお迎えすることになりますので、緊張する気持ちも大きいかと思いますが、皆さん楽しみに来ているイベントですのでぜひ楽しんで受付を行ってほしいと思います。

もちろん二次会のパーティーも楽しむことも忘れずに、オシャレをして楽しんでください。