NOTE

  1. HOME
  2. NOTE
  3. レンタルドレス
  4. 【2020年最新】銀座で試着可能なレンタルドレス5店とお勧めのショップとは?

【2020年最新】銀座で試着可能なレンタルドレス5店とお勧めのショップとは?

銀座エリアで試着可能な全5店のレンタルドレスショップについて、実際にかかるトータルコストや貸出日数、エリア別地図をまとめてご紹介します。2020年に入り調べた、どこよりも最新の情報を掲載しています。

一覧地図

CANVAS

CANVASは、がちがちのハイブランドという感じでもないですが、多くのショップが取り扱っている2万円前後のドレスよりも高い、定価30,000〜100,000円くらいのドレスを中心に扱っています。

取り扱いブランドは、ELIZA JやKARL LAGERFELD、kaene、TED BAKER、Tommy Hilfigerなどです。

ドレスの価格帯の割には、料金は比較的抑えられていると思います。

数多あるレンタルドレスショップは、ドレスが好きでその延長線上でレンタルを始めたショップと、そうではない、ビジネスから入ったショップが、Webサイトを見れば一目瞭然ですが、CANVASは前者に当たると言えます。

  • Webサイト:https://canvas-dress.com/
  • トータルコスト:10,780円(※)
  • 内、クリーニング料金:1,650円
  • 貸出日数:3泊4日
  • 住所:東京都中央区入船2-8-9 ミズノユニハイム303
  • 営業時間:平日は11:00-20:00、土日祝は10:00-18:00
  • 定休日:なし

※ トータルコストは、標準レンタル料金(トップページやドレスの一覧ページで最も多く表示されている税込価格)にクリーニング代や往復送料(標準レンタル料金の商品をレンタルする場合、実費の場合は924円計算)等、レンタルに必要なコストを足したものです。

DRENi

皆が知るマルイが、パーティードレスのレンタル業態としてスタートさせたのがDRENiです。

なので、神戸や博多のマルイでポップアップショールームを開いたり、有楽町に常設の店舗をオープンしたりしています。

マルイは全社的に物販から体験へと大きく舵を切っており、レンタルドレスもその一環と言えるかと思います。

取り扱いブランドは、RED VALENTINOやZAPA、Max Mara、sandro、Majeなどです。

ただ、高コスト体質な昔ながらの企業が運営しているだけあって、かなり割高です。

※ トータルコストは、標準レンタル料金(トップページやドレスの一覧ページで最も多く表示されている税込価格)にクリーニング代や往復送料(標準レンタル料金の商品をレンタルする場合、実費の場合は924円計算)等、レンタルに必要なコストを足したものです。

DRESS CLASSE

DRESS SHARE」ご参照。

DRESS CLASSEは、DRESS SHAREと同じ会社で運営されておりますが、ECサイトが分かれ、より大人向けのサイトの位置付けのようです。

ブランドも商品も全て同じですが、モデルの年齢層は、DRESS SHAREと比較すると高いです。

  • Webサイト:https://dressclasse.com/
  • トータルコスト:7,590円(※)
  • 内、クリーニング料金:0円
  • 貸出日数:3泊4日
  • 住所:東京都中央区入船2-3-6 細矢ビル3F
  • 営業時間:10:00-13:00
  • 定休日:平日

※ トータルコストは、標準レンタル料金(トップページやドレスの一覧ページで最も多く表示されている税込価格)にクリーニング代や往復送料(標準レンタル料金の商品をレンタルする場合、実費の場合は924円計算)等、レンタルに必要なコストを足したものです。

DRESS SHARE

DRESS SHAREは、DRESS CLASSEの姉妹サービスです。

5,390円のシンプルラインと、7,590円のプレミアムラインの2ラインでレンタルドレスサービスを提供していますが、実質的にはプレミアムラインの商品しかありません。

プレミアムラインの商品も、よく見る生地のものがほとんどで、その割には高いなという印象を覚えます。

取り扱いブランドは、RYKやREPLETE、Dorry Doll、traumerei、PREFERENCE PARTY’Sなどです。

ECがメインではありますが、八丁堀の事務所の一角には、試着スペースも用意しています。

  • Webサイト:https://dressshare.net/
  • トータルコスト:7,590円(※)
  • 内、クリーニング料金:0円
  • 貸出日数:3泊4日
  • 住所:東京都中央区入船2-3-6 細矢ビル3F
  • 営業時間:10:00-13:00
  • 定休日:平日

※ トータルコストは、標準レンタル料金(トップページやドレスの一覧ページで最も多く表示されている税込価格)にクリーニング代や往復送料(標準レンタル料金の商品をレンタルする場合、実費の場合は924円計算)等、レンタルに必要なコストを足したものです。

SHARELY CODE 銀座店

SHRELY CODEは、元々は新宿や池袋にもお店を構えていたのですが、今は銀座店だけのようです。

ここの最大の特徴は、弊社が3,480円で提供しているドレスと全く同じものを、21,648円で提供しているというところにあります。

取り扱いブランドは、Dorry DollやREFERENCE PARTY’S、Sybilla、She’s PREFERENCE、AIMERなどです。

多くのお店が弊社と同じブランド、もしくは同じメーカーのドレスを、2〜3倍の値段でレンタルしているのですが、そのドレスを6倍以上の料金でレンタルしているという経営手腕に脱帽です。

  • Webサイト:https://sharelycode.jp/
  • トータルコスト:19,800円(※)
  • 内、クリーニング料金:0円
  • 貸出日数:3泊4日
  • 住所:東京都中央区銀座4-13-8 ソフィアスクエア銀座7F
  • 営業時間:平日は12:00-20:00、土日祝は10:00-18:00
  • 定休日:なし

※ トータルコストは、標準レンタル料金(トップページやドレスの一覧ページで最も多く表示されている税込価格)にクリーニング代や往復送料(標準レンタル料金の商品をレンタルする場合、実費の場合は924円計算)等、レンタルに必要なコストを足したものです。

銀座エリアのお勧めは?

折角のレンタルでもあるので、いつもより少し良いドレスになる人が多いかとは思いますが、銀座の5店の中でしたら、CANVASをお勧めします。

逆に、SHRELY CODEはあまりにも高いのでお勧めしません。。。