NOTE

  1. HOME
  2. NOTE
  3. 保護者会・授業参観
  4. 30代ママ向け!保護者会・授業参観のおすすめファッション

30代ママ向け!保護者会・授業参観のおすすめファッション

保護者会や授業参観など、園や学校に足を運ぶ機会は多いもの。ママ友作りに影響するし、子どもの評価にもつながりかねないので、好感度が高いファッションで臨みたいですよね。今回は30代ママが選びたいおすすめファッションをご紹介します。「何を着て行ったらいいか分からない!」とお悩みのママは参考にしてくださいね。

30代ママが気を付けたい保護者会・授業参観のファッションポイント

女性ならば誰でもおしゃれと思われたいですよね。

でも保護者会や授業参観で一番気を付けたいのが「その場にふさわしいファッションをする」こと。

周囲から浮かない服装であることが重要です。

30代ママが押さえておきたいポイントを解説しましょう。

保護者会・授業参観のファッションマナー

保護者会や授業参観では明確なドレスコードはありません。

校風や地域性によって、ふさわしい服装が変わってきます。

私立か公立か、田舎か都会か、校風は自由か厳格か。

こういった条件により、コンサバファッションが常識になっていたり、カジュアル寄りのママが多かったりと、OKとNGの線引きが変化します。

伝統ある私立や校風が厳格な場合、上下濃紺や黒で揃えるという暗黙のルールがあるところも。

そこならではのルールがあることもあるので、先輩ママに確認しておくと安心ですね。

ただ、どんな園や学校でも清潔感があるきれいめファッションが基本。「きちんと感」は外せないポイントです。

30代ママが特に気を付けたいこと

  • かわいさよりもシンプルさが大事
  • かわいさを意識するならツイードやシフォンなど素材に注目
  • 地味になりすぎないよう小物で工夫を

20代ママのかわいらしい服装は初々しいと思われますが、30代ママだと落ち着きがないと判断されることが。

シンプルなアイテムを選び、年齢に応じた落ち着き感を出すように気を付けましょう。

堅苦しくなる必要はありませんが、リボンやフリルといったガーリーテイストが好きな人は見直しが必要です。

ディテールよりも素材感に注目し、大人なかわいさを狙うのが「おしゃれな30代ママ」のルールです。

30代ママのおすすめファッション①【ジャケット+スカート】

保守的な園や学校の場合、無難なのがジャケットにスカートを合わせたファッションです。

きちんと感と女性らしさのバランスが良く、多くのママに選ばれています。

ジャケット+スカートのおすすめポイント

「はじめまして」のシーンでは、柔らかさがあるスタイルが好印象です。

30代は落ち着きが出始める年代なので、マニッシュなスーツだと周囲から近寄りがたいと思われるかもしれません。

ジャケットにスカートを合わせたスタイルならスーツよりもハンサム度がグッと下がり、親しみやすさが演出できますよ。

また、着回しがしやすい点もメリット。

通勤スタイルに活用できるので働くママにおすすめです。

ジャケット・スカートの選び方

ジャケットもスカートも、紺やグレーといった落ち着いたカラーを選ぶのが基本です。

インナーもカジュアルなカットソーは避けてきれいめなブラウスを選び、きちんと感を出しましょう。

アイテム選びで注視したいのがサイズ感です。

肩のラインが合っていなかったり、袖が長すぎるジャケットはダサく見える原因に。

必ず試着をしてチェックしておきましょう。

スカートはひざが隠れる長さがエレガント。ミニ丈は厳禁です。

30代ママのおすすめファッション②ワンピース

ワンピースは王道のきれいめアイテム。

保守的~カジュアル寄りな園、学校まで幅広く対応できます。

園や学校の雰囲気がつかめていないなら、きれいめワンピースを選ぶと失敗が防げますよ。

PTAの役員を務める人は、ジャケットを持参すると安心です。

ワンピースのおすすめポイント

女性らしい柔らかさが出せるのがワンピースの良いところ。

話しかけやすい雰囲気を自然と作れるので、ママ友作りもしやすくなるはずです。

凝ったデザインだとやりすぎ感が出るので、シンプルアイテムを選ぶのがポイント。

流行のふんわりシルエットのワンピースを選べば、さり気ない体型カバーも叶いますよ。

ワンピースの選び方

カラーやデザインでガラッと雰囲気が変わるワンピース。

コンサバなママが多いなら、グレーやネイビーといった落ち着いた色を選ぶのが正解です。

自由な校風の場合は、ベージュやライトグレーなど明るい色が◎。

優し気に見せてくれ、話しかけやすそうな雰囲気が作れます。

デザインは、エレガントさを出したいならカシュクールタイプがおすすめ。

ただし、胸元が開きすぎていないことに注意して選びましょう。

逆にカジュアルダウンを狙うなら、シャツワンピースが向いています。

30代ママのおすすめファッション③【ニット+パンツ】

カジュアルな園や学校では、かっちりファッションだと真面目すぎて敬遠されがち。

かといって、カジュアルすぎるファッションは場にふさわしくありません。

目指したいのが、普段着よりもワンランク上のきれいさ。

シンプルニットとパンツのコーデは、親近感がありながらきちんと感があり、好印象なコーデです。

ニット+パンツのおすすめポイント

パンツコーデのポイントは、ずばり色の使い方。

「濃い色のパンツ+明るい色のニット」の組み合わせは表情を明るく見せてくれ、さらに引き締め効果も期待できます。

濃い色同士、淡い色同士のワントーンコーデもおしゃれですが、テクニックが必要でおしゃれ上級者向け。

重苦しくなったり膨張して見えたりと失敗することも多いので、自信がない人は手を出さないのが無難です。

ニットもパンツもシンプルなものを選び、清潔感を出すことを心がけて。

シンプルすぎて寂しいと感じるなら、差し色バッグや柄物スカーフといった小物を活用しましょう。良いアクセントになり、没個性から回避できます。

ニット・パンツの選び方

清潔感あるパンツスタイルを作るには、パンツのデザインがポイントとなります。

ワイドすぎずピタピタすぎず、きれいめシルエットが◎。

明るすぎるカラーパンツは悪目立ちするので、定番の黒やグレー、ネイビーに加え、カーキやブラウンなどがおすすめです。

トップスはボディラインがはっきり出ない「ちょいゆる」シルエットが正解。

ラフすぎず、それでいてトレンドを押さえたおしゃれさをアピールできます。

おわりに

保護者ファッションは、自分に似合うことも必要ですが、その場や年齢に合っていることが何よりも重要です。

30代ママは20代ママよりもマナーや振る舞いが厳しめにジャッジされるので、服装選びに迷いますよね。

ご紹介したファッションを参考に、好感度の高いママを目指してくださいね。